京都のオススメ町家カフェ

京都には近年町家を改装したおしゃれなカフェが増えてきている。

お金をかけて改装したところもあれば、オーナーさん達の手作り感ある味のあるカフェまでさまざま。

京都に観光に来たのなら、町家ゲストハウスに宿泊して、町家でランチ なんてのも日常とは違うが、どこか日本人のDNAに刻まれたどこか懐かしい感覚を味わってみてはどうでしょう。

■ENGAWAカフェ

中庭がある町家をセンス良く改装したカフェ。お麩を使ったメニューが豊富。ご夫婦と少数のバイトさん達でされていて、あったかい雰囲気がGOOD。愛嬌のある奥さんに尋ねると、旦那さんの実家がお麩屋さんらしい。お麩を使ったパフェが美味しい。店名にもなってる縁側の席が特別感があってよいが、他の席もスペースがゆったりしていて居心地がいい。

■SOBAカフェさらざん

そばを店名にしているが、これはいわゆる普通の麺の蕎麦ではなく、そば粉を使ったフランス料理「ガレット」をメインにしたカフェ。その他そば粉を使ったデザートも豊富。コンセプトがしっかりしていてGOOD。小さめの京町家を改装した店内は、店長さんのこだわりの小物とか照明とかが飾られて雰囲気良い。レジ横においてあるそば粉を使ったマフィンやそばチップスなどもおいしい。

■さらさ西陣

京都のガイドブックの西陣のページには、必ず掲載されている。かつての銭湯を改装した店内は非常におしゃれ。漫画がおいてある本棚とかフライヤーが置いてある棚などサブカルな雰囲気もあり面白い。オススメの席は、入口を入って右手の半分高くなった場所にあるソファ。

■さらさ花遊小路

四条通りを新京極通りを北に入りすぐの小道を右へ入って少し歩いた南側にある。入口は小さくて分かり辛いが、奥に入った店内は広々している。町家というよりは小民家を思わせる内装。やはり店内は女性が多い。アルコールメニューも多く自分の中では夜カフェという感じ。料理の種類も多くカップルで行ってもグループで行っても楽しめる。

■ことばのはおと

このカフェも町家カフェやガイドブックの常連。いつ行っても込んでいる印象がある。典型的な町家という感じの店内で畳に座って食べるスタイル。夫婦で切り盛りしており、少人数で回しているせいかランチの時は料理が出るのは少し時間がかかる。京都観光の予定がぎっしりの人にはランチ時は時間ロスがきびしいかも。おすすめはシフォンケーキ。食べると幸せな気持ちになります。